秋ジャガイモと小松菜と台風

 2019年(令和元年)は記録的なものも含め台風が関東地方に2つも直撃すると言う事態となりましたね。

 1つ目の台風15号は9月9日、19号は10月12日(共に神奈川県)の直撃と言う事で、各方面で甚大な被害が発生しました。

 19号の明くる日の13日には、私も知り合いのクリーニング店が全停電となっていると言う事で緊急出動し、夕方頃に何とか復旧させたりもしました。(応急処置なので後日作業はありますが)
台風被害による電気工事のご依頼は有井電気まで


 被災された方々、地域には1日でも早く復旧し元の生活を取り戻せる様に願っていますのと、私も含めこの経験を活かし今後の備えにして行ければと思っております。

 上の2つの写真、1つ目は秋ジャガ(便宜的に置いてあるのは春に取れたキタアカリです)で上の写真が小松菜ですね。

 ジャガイモはさておき、小松菜もここに来て場所によっては順調に育つ様になってきました。

 一方、場所によると言うのも、上の写真の畝にも小松菜を始めチンゲン菜や便利菜などアブラナ科の葉物の種を蒔いたのですが、こちらはほぼ全てが虫にやられてしまいました…。

 また、後述する台風の影響で畝の状態もかなり崩れてしまったので、再度全面的に耕運し、野菜の選定や品種の選定を行い、種蒔き直後に寒冷紗で保温、防虫対策をしようと考えています。

 個人的には、場所によって小松菜の品種が違ったので、栽培に成功した品種に統一して行こうかな、と考えていますね。
 今年は言わば有井電気としての栽培元年なので、色々と試行錯誤を経て全体の栽培計画や、年間のサイクル等を構築していこうと考えております。

 そして、そこに来ての冒頭の台風襲来です。

 今回の2つの台風で、台風と言うものはその規模は勿論そうなのですが、それよりも地域毎による雨雲のかかり方や風向き、その他色々な複合条件で被害の程が違うのかな、と思った次第です。

 上の写真では、稲刈りも終わった田んぼが、まるで初夏の頃の様に水が溜まるまでになっていました。
 しかし、自宅付近に広がるこの田んぼが、台風などの大雨時にはかなりの貯水効果がある為、水害の軽減に役立っているとの事です。

 この様な事も、その地域性の一環かなと感じますし、私の住んでいる地域では15号の時の被害の方が目立った印象でした。(あくまで地域による)

 台風後の各野菜の状況ですが、ジャガイモが若干被害を受けた程度で、今回は何とかなった模様です。
 ジャガイモも今後の天候で、また成長の勢いを取り戻して欲しいものですね。

農家の方向け農業資材・肥料の通販【minotta(ミノッタ)】

天然植物活力液「HB-101」を使用すると、
育たなかった果実、枯れてしまった花の数が減り、収穫率がアップ。
栽培のコストパフォーマンスが上がり、
生産者としての喜びもアップします。

欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

 今までなかなか栽培が上手くいかなかった小松菜を収穫して、春に収穫したジャガイモとのコンボで小松菜とジャガイモの温かポトフを作ってみたり、小松菜のお浸しに軽く麺つゆ等をかけて食べると最高です!





 小松菜も野沢菜などと同様、非常に味のある菜っ葉なので毎日食そうと思う今日この頃です。




      

コメント

タイトルとURLをコピーしました