ニームオイルを噴霧器で散布してみた

栽培

 上の写真に写っている金柑の苗木は、昨年私が管理を怠り放置していたものです。

 新芽のほとんどはアゲハチョウ等の幼虫に食べられ、それを逃れた葉も上の写真の様に絵描き虫に食害されてしまいました…。

 絵描き虫とは通称で、ハモグリバエやハモグリガの幼虫の事を言い、葉の中に幼虫が潜り、白っぽく絵を描く様に食害するんですよね。

 しかしながら、今年は一転して栽培を果樹一択に絞る事にしたので、果樹栽培においての最初の難関である害虫対策に本腰を入れる事にしました。

 そこで私が用意したのが噴霧器ニームオイルです。(上の写真2枚)

 噴霧器は植えている果樹の本数が多い事と(家庭の庭などなら霧吹きスプレーでも可)、付属の角度がついたノズルのおかげで葉の裏側への散布がかなり容易に行えると言う点で用意しました。

 噴霧器の容量に関しては肩に引っ掛けて移動、散布していくので4リッター位が丁度いいんじゃなかろうかと思います。

 またニームオイルは、天然由来成分の害虫忌避剤について調べた結果行きついた訳なんですよね。

 過去にスーダンと言う国でイナゴの大襲来が発生し、あらゆる植物が食べ尽くされた中で、ニームの木だけが無傷で元気に残っていたらしいです。虫が嫌がる成分が含まれているんでしょうね。

 またインドなどでは街路樹としても植えられていて、その様々な効果からミラクルニームと呼ばれているそうです。

 噴霧器を箱から取り出すと、この様な感じですね。ノズルは延長用のアタッチメントが別途付属しています。

 そして気になるニームオイルのポイントをいくつか挙げると、

○ 散布間隔は概ね週1日くらい(雨天時はリセットと考えた方が良い)

○ 人体に付着しても安全

○ 使用回数に制限は無く、繰り返し使う方が効果が高まる

○ 消費期限は基本的には無い

と言う事が言えます。

 フタが計量カップになっているので、これで希釈します。

 野菜や果物、花の栽培において希釈濃度は重要なので、都度確認して適正量を希釈する様にしましょう。

 水で希釈すると、ニーム独特の成分によるものなのか、細かい泡が発生するので暫く放置しておきます。

 泡が無くなるとこんな感じになりますので、噴霧器に注いでいきます。

 ニームオイルを注ぎ込み、手動式の噴霧器を使用する際のポイントとしましては、上の写真にある空気抜きになると思います。

 空気抜きはどの噴霧器にもありますので、まず噴霧器に自転車のタイヤの空気入れの要領で空気を送り込みます。

 すると噴霧器内の圧縮された空気容量がMAXを超えた時点で、この空気抜きからブシューっと音をたてて空気が出ていく仕組みになっています。

 全ての植物に散布し終えたのなら、上の写真の様にまず最初に空気抜きを上に引っ張り空気を抜く様にします。

 この動作を忘れてしまうと残った空気圧で噴霧器自体の蓋が回せなかったり、回した途中で圧縮された空気が勢いよく放出され危険ですので、必ず最初に空気を抜く様にしましょう。

 空気抜きの所作を守れば、あとは大切な野菜や果物、花に思いっきり散布するのみです。

 

 そして最後に、実際にニームオイルを散布して効果があった害虫と、別途対策が必要な事をまとめました。

 

 まず、ニームオイルは冒頭で説明した絵描き虫(ハモグリバエ、ハモグリガの幼虫)やアブラムシなどにはかなりの効果を発揮します。

 実際に絵描き虫の食害を受ける事なく新芽から葉が成長しています。

 そして対策が必要だと感じたのが、アゲハチョウやモンシロチョウなどの幼虫に対してです。

 上の写真では柑橘類の苗木の左横にアゲハチョウがいるのですが、この時はたまたまニームオイルを散布直後でしたので、柑橘類の葉にとまらず付近の雑草にとまっていました。

 これは即ち、ニームオイルを散布した事の効果が得られているとみて、また仮に卵を産み付けられて幼虫が孵り葉を食害した場合でも、ニームの効果の1つである食欲減退により幼虫が姿を消すのかな、とも思います。

 そして上の写真はニームオイル散布後、数日経った時のものですが写真中央の葉にしっかり卵が産み付けられている事が分かります。

 上記の様に幼虫が孵り食害しても、ニームオイルの効果で食害が最小限で抑えられる可能性もありますが、個人的には食害される前に手を打てば被害自体ゼロ、と言う事を最重視しております。葉が無くなったら元も子もないので。

 なので私は、5月下旬くらいから金柑の新芽が成長してある程度硬くなるまでの間は、2~3日間隔で卵の目視、除去作業は欠かさずやっております。その間、勿論週1日の間隔でニームオイルの散布も行います。

 

 その甲斐もあって、今のところ金柑やイチジクは順調に育っております(イチジクに関してはまた別の記事でお知らせします)。

 

 大切な植物に忌避剤や液肥を施すなら、霧吹きよりもやっぱり噴霧器がオススメです。散布の効率や疲労度が違ってきます。

 今回使用したニームオイルは追加注文しようとしたところ、メーカー廃番となっていた為、同様の効果がある物に切り替えていきます。

 

 

 

 植物がすくすくと育っているのを見てると、凄く嬉しくなるね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました