秋ジャガの植え付け

 2019年9月上旬、朝晩の気温が大分涼しく感じられる様になってから、秋のジャガイモの植え付けを行いました。

 春先のジャガイモ栽培では、一定の収穫量があったので今回は10kgの種芋を購入し、栽培区画の1つを丸々使って栽培を試みます。

野菜・果物セットのご注文は有井電気まで

 とりあえず、まずは耕運機による作業ですね。

 今年はトマトやナス等の夏野菜を早めに切り上げ、牛ふん堆肥貝石灰等を施し、秋の栽培に向けて地道に準備してきました。

 そのおかげで、土質の方も若干ではありますが、それなりに畑の土質に近付いてきたんじゃなかろうかと思う今日この頃です。

農家の方向け農業資材・肥料の通販【minotta(ミノッタ)】

≪送料無料≫プロも愛用の人気植物活力液!全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」
植物本来の力を最大限に引き出せます。

 順調に畝立てまでの作業完了です。

 今回セレクトした種芋は、デジマと言う品種です。

 そして、ここで秋ジャガに関するポイントとメリット・デメリットをいくつか挙げてみますので、参考にしてみて下さい。


 秋ジャガのポイント

○植え付け時期  8月下旬~9月上旬(神奈川県等の中間地の場合)
○収穫期     11月下旬~12月上旬(地域は同上)
○芽欠き、土寄せ、施肥等基本的な事は春植えと同様だが、株間は若干狭くても良い。(25cm程度でも可)
○地上部が枯れ、各地域の霜が降りる前に収穫する。
○種芋は切らない、またその様なサイズのものをチョイスするのがベター。


 秋ジャガのメリット

○収穫時期が冬に差し掛かるので、低温による貯蔵性に優れる
○低温貯蔵する事により、でんぷん質が糖に変わり甘味が強くなる


 秋ジャガのデメリット

○ジャガイモの休眠期間と言う問題の為、栽培に選べる品種が少ない
○上記の問題に準ずるが、寒冷地では栽培出来ない場合がある。


 私が今回、種苗店のオジサンに薦められたデジマと言う品種は育て易く多収穫で、美味と言う3拍子が揃った品種なのでオススメですね。

 しかし、今回初めて10kgの種芋を植え付けてみたのですが、割と小さく見えた段ボールの中におよそ200個弱の種芋が入っていた事が判明致しました。まぁ、まとめ買いした方が断然お得なのは、種苗の世界も同じと言う事ですね。

 この種芋達が、栽培が上手くいけば約10倍の収量になると言う事なので、秋ジャガ栽培、頑張ります!

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

秋ジャガの種芋はYahooショッピングで検索

 秋ジャガの種芋を植え付けて数日後、台風15号が9月8日夜から9日未明に関東に最接近する……物凄く心配。

 上の写真も、普段の天気ではあまり見かけない空模様でしたね。晴天と雨天(お天気雨)が入り混じるところに、大気の不安定さがでていましたわ…。

 また野菜の栽培一つにしてみても、何か目標を立てゴールに進むにあたっては、必ず何らかのが立ちはだかり、幾つもの難関をくぐり抜けて行かなければならないのかも知れないね。


 目標を成せば、過程も活きてくる。成さずとも、そのうち過程は活きてくる。

 とりあえず、色々な資材が飛散しない様にネットを張って対策です。






 台風が過ぎ去ったら、また残暑があるだろうから、そこのところ注意。




      

コメント

タイトルとURLをコピーしました