【玉こんにゃく】地域イベント出店

ビジネス関係

 先日、私が所属している団体が地域のイベントに参加、出店したので協力し、普段の生活の中ではまずやる事のない飲食の物販を体験する事になりました。

 当日の出店内容はと言いますと、レモンサワーハイボール等のアルコール類をはじめ、枝豆ポテトフライ等のおつまみ系、小さい子供向けのくじ引き、そして我々が担当した玉こんにゃくでした。

 しかし、こうやって振り返ってみると、なかなか多岐に渡って出店したもんだな…。

 そして今回は、事務員の方と前日の夜遅くまで行った仕込み作業の様子を、色々と所感も交えて書いていきたいと思います。

 まずは予めネット通販にて頼んでおいた玉こんにゃくの開封作業です。

 当日は200本の玉こんにゃくを販売する予定で、1串に3個の玉こんにゃくを刺して販売するので、単純計算で200×3=600個もの玉こんにゃくを注文した事になりますね。

 今回は玉こんにゃくの本場、山形県産の玉こんにゃくを注文しました。

 とりあえず、玉こんにゃくを次々と大鍋へと移していきます。

 今回はイベント目的であった為、玉こんにゃく濃縮出汁カラシ等がセットになっているお得な商品をチョイスしてみました。

 因みに、上の写真で半分の300個が大鍋に入ってます。

 一言で玉こんにゃくを煮て味付けする、と言っても上の写真の様にする為には数々の工程がありました。

 そして飲食関係の方々や、食料品等の生産工場とかで働いている方々の気持ちと言うものが、ほんの少しだけ分かった様な気がしましたね。

 でも、単純に串に玉こんにゃくを刺していく作業は何気に楽しかったかな(事務員の方と世間話をしながらだったと言うのもあるけど)。

 

 何事も、一人で黙々と作業するよりは二人で話しながらの方が倍以上捗るし、楽しいと気付けた瞬間だったよね。

 

 玉の状態だと大鍋1つで足りていたのですが、串に刺すと全体の体積が増し増しになってしまうので、大鍋2つになってしまいました…。

 写真だと分かり辛いかと思いますが、まだ残り300個で100串あるので、味付け完了した玉こんにゃくを最初の袋に再度戻したりとか、地味に時間のかかる作業が多かったですわ。

 しかし、肝心の味付けの工程では、メーカーが用意してくれた秘伝の出汁がなかなかの優れモノでした。

 1リットルの出汁を大鍋2つに大体均等に分けて注ぎ込み、そこに玉こんにゃくの上部まで水を注ぐと絶妙な濃さの味付けに自然となる、と言う出汁の濃度なんですよね。

 

 今回のクッキングの中で、唯一黄金比率的なものを感じた瞬間でしたね。

 

 後は、大鍋で沸騰するまで煮れば大体の味付けが出来ている、と言う事だったので上記の流れを2セット頑張りました。

 イベント出店の場所は車で1時間位はかかるところだったので、運搬時にこぼれない様に一旦出汁を2リットルのペットボトルに移し替えます。

 そんなこんなで、前日は割と夜遅くまでかかったものの、何とか寝坊せずにイベント出店する事が出来ました。

 

 最後に、私が所属している団体は地域の商工会に似た様なものなのですが、別段建設系の職業ばかりでなく、それこそ程良い感じに異業種交流の場となっております。

 そして、年間を通じて様々な活動をする中で、意外と仕事に繋がって、みたいな感じなんですよね。

 

 思えば、今現在仕事を頂いている方々とも、必ず知り合った初日と言うものが存在する訳であって、まず出来るだけ多くの人と出会う事が大事なのかな、と思います。

 特に、独立してフリーランスな立場で仕事をするのなら、尚更重要なポイントの様に感じますね。

 まぁ、それを踏まえなくても、なかなか良い経験だった様な気がします。

 

イベント出店や普段の食卓などにも、玉こんにゃくはおすすめですね。

 

 

 

 レモンサワー飲みながらだったから、かなりベロベロだったけどね……来年もやる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました