ユニットハウスで事務所を作ってみた

ビジネス関係

 今回は中古のユニットハウスを購入し、有井電気の事務所を作った事について書いていきます。電気工事のご依頼は有井電気まで

 以前はDIYで自作した小屋を事務所代わりにしていたり、また小型の物置を改造して事務所の体を成しておりましたが、ここにきて思い切ってユニットハウスを購入してみました。

 以前の事務所に関する記事はこちら。DIYで作業小屋を大型物置に建て替えてみた

 まず、ユニットハウスで事務所を設けるにあたりその大きさ(坪数)を決める事になると思うのですが、私の場合は所有している土地に進入する経路が狭く、どう頑張っても2トン車の小型ユニックまでが限界でした。

 なのでそう言った条件から逆に割り出していくと、2坪タイプのユニットハウスが条件ギリギリだったので、そのタイプのユニットハウスを購入しました。

 4トン車のユニックが入る事が出来れば、ユニットハウスの選択肢がかなり広がったのですが、まぁこればっかりは仕方がありませんね。

 

 そして設置に関しては事前にブロック間の水平状態を確認しつつ、ユニットハウスを置く基礎の代わりになる様な環境を整えておきます。

 上の写真ではユニットハウスの下に敷いたブロックが左右で1つ分違います。(左側はブロック1つ、右側はブロック2つ)

 これは私の土地が若干傾斜がついている為なのですが、そこでブロックの数を増やしたり、砂利などを敷いて高さ調整を行いました。

 ユニットハウスの運搬にあたっては、上の写真の様にユニットハウスの4つの角にワイヤーをかけて吊り上げ、そしてユニック車にしっかりと固定して運搬しました。

 上の写真に写っているのが、ユニットハウスの運搬時に使用したロープやワイヤーですね。

 実際の運搬時はかなりテンパっていたので、気の利いた写真を撮る事すら忘れてしまっていました…まぁ無事にユニットハウスの運搬~設置まで完了したので一安心ですが。

 ユニットハウス内の電気設備の様子です。既存のブレーカーに電源を供給すれば、コンセントや照明が使える様になっていました。

 この電源に関しては事前に用意してあったので、タイミングを見て行おうと思っています。

 床も最初はベニヤ板の状態だったのですが、建築用のフロアカーペットを敷いてみました。このフロアカーペットを敷く事によって、かなり事務所らしい感じになったと思います。

 とりあえず、旧作業小屋から机や椅子、ステンドグラスの卓上研磨機などを引っ越ししました。まだ床に直置きな物がかなりあるので、これから棚などを随時DIYしていきたいと思っております。

 そして事務所に入るまでの動線には、オシャレ度を増す為にガーデン用の平板を敷いてみました。また入り口のドアの前には枕木を置いて、靴が脱ぎやすい様にしてみました。

 まだまだこれから整備するところは多いのですが、ようやく雨漏りの心配も無いしっかりとした事務所が整って満足しております。

 

 普段は窓から金柑やイチジクの様子を見つつステンドグラスを製作し、そして電気工事の依頼があったら即出動…みたいな流れが理想かな。

 同じようにユニットハウスでの事務所設置を考えている方には、かなりオススメな案件が多いです。

 ご自宅の庭でのガーデニングにも、大活躍のアイテムです。

 

 

 

 その内、冷蔵庫置いてエアコンを設置したら完ぺきだな。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました