地名の由来

怪談

 どうも、実は私、大の心霊好きであり、また大の怖がりでもあるのと、こうしてブログも書いているので、ちょっとした怖い話不思議話でも書いてみようかと思った次第です。

 私は神奈川県は鎌倉市の出身で、その中でも湘南・江ノ島に程近い腰越(こしごえ)と言う所で生まれ育ちました。

 夏などは海水浴客で賑わい、正月も沢山の人が江ノ島に初詣に来たりする、いわゆる観光地の類ですね。

 そういった所で育ち、少年時代には近くの港で魚釣りに興じたり、また江ノ電の路面電車が通過する様な場所が私の生活の中心でした。まぁ鎌倉市とは言っても一番端っこの、言わば漁師町ですよね。

 

 そんな、地元にまつわるお話し。

 

 話しは遡ること、鎌倉時代の頃。かの源頼朝公と源義経公の兄弟が歴史を創っていた時代。

 大願であった平家滅亡を成し遂げた後、兄である頼朝に面会を断られた弟の義経がその想いを認めた書状が有名な腰越状であり、書いた場所が腰越の万福寺と言うお寺ですね。

 昔から腰越と言う土地は鎌倉への西側からの入り口とされていたのですが、その当時はまだ今の様に道路も何も整備されてはおらず、獣道の様な山道を進まなくてはならないところが多かった訳なんですよね。

 特に腰越から内陸部を通って鎌倉の中心地(鶴岡八幡宮等がある地域で当時は幕府があった)に行くには、大なり小なりの峠を越えなくてはならなかった訳なんです。

 そして、子供連れの夫婦などが商売やら何やらで向かう道中……出たらしいんですよね、山賊が。

 少しでも身なりが良さそうな通行人を見つけようものなら、山賊は一斉に刀を抜いて襲いかかってくる。抵抗する術もない普通の旅人などは、もう逃げるの一択しかない訳なんですよね。

 昼間でも薄暗い山道を、ただひたすら逃げる。捕まったら、正に身ぐるみはがされる様な状況を、何とか逃げ延びて…。

 這う這うの体で逃げ延びたは良いが、足の遅い子供が犠牲になってしまうケースと言うのが、やはり割合として多かったらしいんです。

 その当時はその様な出来事がざらにあったそうで、そのうちに峠を越えるのに子供が死んで越える、子死越(こしごえ)という言われ方、書き方が広まってしまったらしいんですよね…。

 

 しかし、当然響きの良いものではない事もあり、廃藩置県の折に現在の腰越になったと言う言い伝えがありますね。

 

 

 

 自分の住んでいる地域や昔からの建造物などを歴史的に紐解くと、意外と怖い話しって……あるものなんですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました