金柑ぷちまるの植え痛み対策

きんかん

 前回の記事で金柑とイチジクの栽培について書いたので、今回は金柑の栽培において初期の頃にやってしまいがちな失敗について書いていきます。

 前回の記事はこちら。金柑とイチジクの栽培

 上の写真は金柑の品種の中でも、ぷちまると言うものを選定し植えたところです。私の果樹園では品種はこのぷちまる1つに絞っています。

 以下、金柑ぷちまるの特徴としましては、

○ 種なし品種である

 何と言ってもこの種なしと言うところが最大の特徴ではなかろうかと思います。一口サイズの金柑を口に入れ、最後に種を出すと言う動作をせずに済むと言うのは、老若男女問わず物凄く受け入れられる要素です。

○ 食味良好

 金柑の中でも甘い品種ですね。中には酸味が強いため甘露煮などに加工向きな品種もありますが、ぷちまるは生食にも向いています。

○ 樹勢はやや強め

 樹勢は他の金柑に比べてやや強め、枝が密生する傾向あり…実際そんな感じがするので剪定時期に調整か。

と言う様な事が挙げられます。

 しかし……だがしかしですね、栽培初期と言う事もあり私はやってしまいました…。

 育てる品種も決まり、丁度ネット上で良さそうな苗木が必要本数確保できたので、冬場の2月に植え付けてしまいました。

 すると上の写真の様に植え痛みを起こし、徐々に葉っぱが枯れ落ちてしまいまして…。最初はこのまま枯れて全滅するのかと、かなり焦りました。

 因みに、金柑の植え付け適期は気候が暖かくなってきた3月~5月辺りが適しています。

 そこで私がとった対策は、枯れた枝や込み入った枝などを思い切ってバッサリと剪定する、と言う事です。

 葉も落ち、更に枝まで切り詰めるとよっぽど枯死のイメージを抱くかも知れませんが、幹や枝の部分も水分を必要とし蒸発させる為、必要最低限の樹形にして暖かくなるのを待ちました。

 大分コンパクトになりました。

 上の写真のもの等は植え痛みが酷かったので、葉が全て落ち幹と枝だけになってしまいました…この時は精神的に一番ツラかったですね。

 しかし、この状態になっても剪定し幹や枝が健康な緑色の状態であれば大丈夫です。静かに春が来るのをじっと待っている状態なのです。

 一足先に春先の4月頃、ミカン等の柑橘類に新芽が芽吹いてきました。

 金柑の新芽の時期はそれよりも若干遅く、大体5月の初め位に新芽が出てきます。なのでその一月の間は、新芽が出てくるのが相当待ち遠しかったよね。

 そして…5月のゴールデンウィークの辺りで、ついに新芽が出てきました。

 正直言って、物凄く嬉しかったです。

 

 まとめとしては、もし金柑の植え痛み等で葉っぱが大量に落ちてしまった時は、必要最低限の枝だけに剪定する、と言うのが1つの対策方法ですね。

 

 一月程で上の写真の様に順調に成長してくれました。一安心です。

 そして、これからはしっかりと管理していき、早く収穫出来る様にしたいと思います。

 植え付け時や根付くまでに使用した肥料、また金柑ぷちまるの丈夫な苗木はこちらがおすすめですよ。

 

 

 

 自然を相手にするのは、大変だけれども凄く楽しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました