小型ビニールハウスの組み立て

資材・設備

 先日、ネット通販で注文していた小型のビニールハウスが届きました。

 天候の影響等があった為、到着後すぐには組み立てに取り掛かる事が出来ずにいましたが、ようやく着手致しました。

 しかし、小型と謳っているとはいえ、届いた箱は想像以上にコンパクトですね。軽トラの荷台に乗せた状態で上の写真の様な感じでしたので、梱包用段ボールも1メートル×30センチ位しかなかった様に思います。

 開梱すると上の写真の様な感じになっていたのですが、取扱説明書はすぐ上の写真のA4用紙1枚のみ…。

 しかも、初見で記号GとHの組み立て位置が違う様に見受けられるのは、私の気のせいだろうか……と、出だしから少々不安を抱きつつも組み立てをスタートしました。

 そしていざ組み立てを始めてみると、これが物凄く簡単に出来る様になっていました。

 ジョイント部材に骨組み部分の棒を挿していくだけの作業で分かり易かったです。また、女性の方でも楽に組み立てられるので、力はあまり必要としない点も良かったです。

 その組み立てる感覚を例えて言うのであれば、レゴブロックの類や数十年前に流行ったゾイドなんかを組み立てるのに似ていましたね。組立図も絵的なものだけって言うのが、かえって感覚的に作業を進められて良かったと思います。

 ビニールハウスの骨組みの完成です。写真を撮りながらの作業となる訳ですが、そう言う行いが無ければ、ここまでの作業時間は約10分かかるかどうか、と言う具合ですね。

 そして、いよいよメインのビニールかけの作業です。

 …と、その前にビニールハウス自体が風に飛ばされない様にする為に、地面に固定する為の部材をセットします。

 この部材があるのか否か、私は購入時に確認はしなかったのですが、しっかり同梱されていたので一安心でした。

 

 しかし…商品レビューにも書いてあったのですが、私も同じポイントで対処を迫られました。

 それは、ビニールハウスの骨組み部分は地面に固定出来るのですが、肝心のビニール部分を固定出来る様な造りになっておらず、天候が強風時などは常にビニールが飛ばされる可能性がある、と言う事です。

 上の写真で、ビニールが破れてこない様に補強された穴とかが開いていて、骨組みとビニールを一緒に地面に固定出来る設計だと、尚更グッドだったのかもしれませんね。

 そして、私がとった対応策です。

 普段、電気工事で使っている通称バインド線(ビニールの被覆付きの針金が束になっている物)と言う材料を両サイドの固定部材に括り付け、それを全ヶ所でやる事でビニールが吹き飛ぶ可能性を減らしました。

 

 この、農業と建築業のクロスオーバー現象を体感できた瞬間が、たまらなく心地よかったですね。

 

 この他にも、支柱に苗を固定するのにもバインド線は役立つと思います。

 小型のビニールハウスの完成です。

 作業開始から終了までは、概ね30~40分位だった様な気がします。とても造り易く、かつ分かり易かったと思います。

 試しに手を入れてみると、日差しが強かったのもあって既に中は暖かかったです。

 これで今後はトマト、ナス、ピーマンやキュウリ等、俗に言う苗で育てた方が育て易い野菜類の、種からの育苗が断然し易くなると思われます。

 やはりここら辺の技術を身に付けるか否かと言うのは、野菜栽培の今後に大きく影響してくるのではなかろうか、と思う今日この頃です。

 今回私が購入した物よりも、ビニール部の固定がしっかりした商品をご紹介しておきます。

 

 

 

 発芽して畑に定植するまでは、朝夕の水やり欠かさず頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました