旅行土産のベトナム笠で熱中症対策

資材・設備

 今回はベトナムに旅行に行った際にお土産として購入したベトナム笠を利用して、畑仕事等をする際の熱中症予防アイテムを作ってみました。

 最近の夏などには、家の中にいても環境によっては熱中症対策と言うのはかなり重要になってきています…いや、特に年配の方などは逆に家の中だからこそ対策が必要なのかも知れません。

 なので今回は、私が常日頃から熱中症対策として行っている水分補給以外のところのお話しです。水分補給は基本です。

 ベトナム旅行の際に購入した通称・ベトナム笠ですね。

 旅行の記念にと思い購入したのですが、帰国後は案の定部屋の片隅に放置され、一歩間違えば捨てられていたかも知れない物を、ガチで果樹栽培や畑での作業で使おうと思った次第です。

 しかしながら、上の写真をご覧の通り普通にお土産用として作られた物なので、アゴひもの部分も実用的ではなく、作業で屈んだりすると笠がズレてきて、いちいちかぶり直すと言う手間がありました。

 そこで閃いたのが、普段電気工事で使っている材料のバインド線でした。

 上の写真はバインド線の0.9mm鉄芯と呼ばれるタイプなのですが、これならアゴの部分の調整も利くし個人個人の顔の形にフィットして形状が保たれるところが便利なんですよね。

 笠の隙間にバインド線を通して、長さを私の顔のサイズに合う様に調整すれば完成です。

 これで、今年も夏の熱中症対策は万全に近いものとなりました。…まぁ、まだまだ油断は禁物ですが。

 

 因みに、2018年度の熱中症による搬送者数は、酷暑の影響もあり全国で9万5千人を超え、うち死亡者数は160人に上った様ですね…。

 そして最も多い年齢区分はやはり高齢者で、最も多い発生場所は住居内と言うのも、よくニュース等で見聞きする内容と合っている気がしますね。

 

 我々の業界に照らし合わせて見ても、エアコン工事の依頼などはかなり多かった印象です。

 そして毎年そうですが、今年は全国的にも熱中症対策を万全にして、なるべく多くの熱中症による緊急搬送を防ぎたいものですね。

 ベトナム笠は、シンプルで機能的なのでオススメです。

 特に男性の方の日除けアイテムとして、個性を出したいならコレ!

 バインド線は電気工事は勿論、DIYや園芸など幅広く使えるアイテムです。

 

 

 

 とりあえずは、毎年夏は暑さ対策をしっかりとして頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました