DIYで段々状の花壇を作ってみた

資材・設備

 今回はホームセンターで購入してきたガーデニング用のブロックと、私の敷地内にあった瓦の残骸を使い、オリジナルの花壇を作った模様をお伝えします。

 上の写真に写っているのが、購入してきたブロックになります。都合40個弱のブロックを軽トラに積んできたので、なかなかの重量感でした。

 まず、そもそも何故花壇を作ったのかと言うと、上の2枚の写真の通り購入した土地が平面ではなく、一部傾斜がついていた為なんですよね。

 写真手前に見える土地の境界を示す赤い杭から奥が、その土地になります。

 そして、隣の土地で畑をやっているお爺さんが気を遣って傾斜部分の草刈りをしてくれたところ、逆に傾斜部の土が崩れる様に足を取られる部分がありました。

 そこで考えたところ…

 隣地のお爺さんはご厚意で草刈りをしてくれたのと、雑草の繁茂は迷惑にもなる。

 ⇒しかし、何かしらの草や木が植えられていないと土崩れの可能性がある。

 ⇒そこには育成中の金柑も数本植えてあるので、尚更対策が必要だと感じた(それらの金柑自体が根を張って成長すれば無問題の様にも感じるが、時間はかかる)。

 ⇒ならば、金柑を守る為の土留めの意味合いと、グランドカバーで何か植物を植えてみよう。

と言う事になり、それが土地の傾斜部に段々状の花壇を作るに至った経緯です。

 何しろ、隣のお爺さんが草刈りをしてくれた位なので、割と隣地沿いな訳です。

 そこでまずは花壇を作るにあたっての基準となる、土地の境界を示すもう1つの杭を探しました。

 すると、しっかりとありました。上の2枚の写真がそれで、赤く塗られた木材は不動産屋さんが目印にと刺してくれていました。

 2つの境界杭の場所が判明したので、建築用の糸を張って境界線を目視し易くします。因みに土地の端に大きな杉の木(10mくらい)があるので、杭からではなくその手前から糸を張っていきます。

 上の写真は糸を張り、土地の境界線を示した様子です。そして、いよいよ花壇の製作に取り掛かります。

 

 上の写真の様に、境界線の糸とほぼほぼ平行になる様にブロックを設置していきます。(ブロックは土に半分程度、埋めるだけです。)

 そして、上の写真は土地を購入した当初からあったスレート瓦の残骸の様な物です。

 土地の前の所有者が、恐らく土留め代わりに使用していたのだと思われますが、今回の花壇のイメージを頭の中で膨らませている際に、どうせだったらこの放置されている瓦を再利用しよう、とは考えていたんですよね。

 段々状の花壇の途中に、瓦材を再利用してみました。

 ブロックの端末部分にも、元から土地に転がっていた石材等を流用しました。

 とりあえず、段々状の花壇の完成です。

 正直なところ、私が想像していた以上に傾斜状の土に段々状に花壇を設けると言う事は難しく、ブロックのグラつきがあったり、そもそもこの形状では土留めの体を成していないのかも知れませんが、前述の金柑を始め植栽の成長や雨が降る度の土の馴染み、また別の記事でお伝えするグランドカバーがどの位繁茂してくれるのかに期待したいところですね。

 

 お庭に花壇を設置するのなら、こちらが簡単でオススメですよ。

 

 

 

 グランドカバーが何なのか、乞うご期待!

コメント

タイトルとURLをコピーしました