いつも何処かでは祭り

 2019年の夏も終わりに近づいている…この先幾らかの残暑はありそうだが、どうも今年の夏は短かそうですね。

 そんな中、地元の小規模な祭りの電気工事に行ってきました。

電気工事のご依頼は有井電気まで

 ごく普通の、小さな神社でのお祭りです。

 時の流れで、期間中の盆踊りや太鼓などはあるものの、屋台や縁日はいつしかやらなくなっていました。
 しかしながら、子供の頃はまず近所の駄菓子屋でお菓子を買いつつ、ここで野球や鬼ごっこ、かくれんぼ等をして遊んでいたので、こうして仕事で携わると言うのはやはり感慨深いものがありますね。

 ここでのメインの作業は、上の写真の様に1スパン(約10m)のポールとポールの間に提灯をセッティングすると言うものです。

 まず提灯用のケーブルを伸ばし、提灯とLED電球を配して1ヶ所ずつ提灯をセットしていきます。

 また、最近では上の写真の様に提灯用の仮設ケーブル等も販売されている為、この様な作業も大幅に時間短縮が出来る様になりました。
 ご覧の様に、ケーブルの繋ぎ目の防水処理もバッチリですね。

Yahoo!ショッピング スズラン灯で検索

日用品からDIY用品まで何でも揃う アイリスオーヤマ
 

 上の写真は、今まさに提灯をセッティングしようとしているところです。

 1つ1つの提灯は軽いのですが、提灯を10セット付けたケーブルにもなりますと、それなりの重量となってきます……これが作業しながら写真を撮れる限界でした。

 提灯のセッティング、完成です。

 ただの1スパンですが、この提灯の有無でお祭り感は全然違うものになります。

 上の写真は仮設ケーブルの応用編ですね。

 年に数回、自宅の車庫スペースを利用してBBQをやるのですが、BBQも中盤を過ぎた頃には、子供達は飽きて家の中に入ってしまう事があります。

 そして夕方薄暗くなってきた頃からが、大人のBBQタイムへとシフトしていくので、その様な時の明かり取りにかなり役立っております。

 あとは、盆踊りの会場を照らす仮設照明の設置です。

 提灯はお祭りの雰囲気を演出し、こちらは盆踊りをする際のメインの明かり取りとなります。

 場所を移し、お祭りの入口の提灯にケーブルを配線すれば全体の工事が完了です。

 上の写真で後ろの方に見える電車は江ノ電(江ノ島電鉄)ですね。
 改めて見ると、電車と住宅がかなり近い距離で運行しているところなどに、まだまだ昭和の風情が残っている様な気がします。


 毎年、このお祭りの仕事を行うと夏の終りを個人的には感じる。

 そして夏の終りとか祭りは終わったなどと聞くと、何処か切なく哀愁が漂ってきそうなものだが、考えてみれば日本全国の津々浦々で毎月、毎週のように何処かではお祭りが開催されている。
 来月には隣町の大きなお祭りがあるし、その次はハロウィン、雛祭りや春にはパン祭りだってある。

 それに、お祭りなど楽しい事にこそある程度のインターバルが必要なのかも知れないよね。
 待ち遠しいからこそワクワク感が生まれるし、日々頑張れるのかも知れない。

 そんな人々が心待ちにするイベントに、自分が仕事で携われている現実を改めて感じる事が出来ました。





 また次のイベントまで、日々頑張ろう。




      

コメント

タイトルとURLをコピーしました