玄関に人感センサー付のLED電球を増設

照明関係

 今回は神奈川県平塚市にある賃貸物件での、電気工事の模様について書いていきます。電気工事のご依頼は有井電気まで

 上の写真はその物件内の、とある1室の玄関の天井の様子です。

 マンション構造にありがちな一切窓が無いパターンで、夕方以降はかなりの暗さだった様なので、照明の増設工事を行ないました。

 

 また今回依頼されたお客様は、この賃貸物件を退居する際の現状復旧の事をかなり気にされている様子だったので、その意に沿った電気工事の仕様を考えました。

 *現状復旧とは賃貸物件を退居する際、入居時と同じ状態にして引き渡す事です。その際の復旧に伴う工事費用は入居者負担なケースでした。

 

 そして私が提案したのは、人感センサー付きの照明のみ増設すると言う工事内容で、お客様にも了承頂けました。

 まずは照明を増設するにあたっての電源の確保です。

 幸い、すぐ近くに分電盤があったので、上の3枚の写真の様に電気容量の差支えのない既存回路から、電源の分岐を行いました。

 電源の分岐が完了したので、分電盤から照明の位置まで配線していきます。

 上の写真2つは照明の様子です。

 電線を接続するにあたり、今回の様な露出配線用に照明本体に切り欠き部分があるので、そこをカットします。

 配線と照明の増設が完了しました。

 上の写真では照明を天井材の繋ぎ目(目地)に沿って取り付けたので、撤去の際に生じるビス(ねじ)の穴も極力目立たなく出来ます。

 また今回は分電盤からの配線距離が非常に短い事が幸いで、特に電線を天井に支持する(ビス穴を開ける)事無く照明を取り付ける事が出来ました。

 そしてLED電球を人感センサー付きのタイプにする事により、壁にスイッチを取り付ける作業も省きました。(センサーにより自動で消灯する為)

 玄関が明かるくなって良かったです。

 そして玄関に限らず、家の中が暗いと物を探すのに苦労するつまずく可能性がある、そして何より、気持ちが暗くなると言う事が挙げられるので、生活の困った部分を改善すべき理由だと思います。

 

 また今回の様に、賃貸物件にお住まい等で工事の仕様に制限がある場合でも、何らかの方法を考えて問題を解決致しますので、お気軽にご相談下さい。

電気工事のご依頼は有井電気まで

 

 スイッチ要らずで人を感知したら点灯、自動で消灯してくれます。

 各種、便利な電気グッズをゲットするならココがオススメ。

 

 

 

 人の未来も、明るくできたら良いね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました