神奈川県の茅ヶ崎市内にある、保育園での電気工事でした。
電気工事のご依頼は有井電気まで

 メインの工事内容はエアコン3台の新規取り付けだったのですが、追加工事で上の写真の様な鉄骨階段への照明取り付けも依頼されました。
エアコン取り付けのことなら【テイクサービス・エアコン】

 まずは電源の取出し場所の選定です。
 ちょっと見づらいですが、上の写真の中央に電線を通す穴を開けました。

 屋内の様子です。
 今回は階段にLED照明2灯設置と電気容量も軽微だったので、お客様に了承を得てエアコンのコンセントから分岐致しました。
 壁の奥から出ている電線が、先程開けた穴を通ってきている訳ですね。

 電源を取り出すコンセント→LED照明(1台目)→LED照明(2台目)と電線を配線するにあたり、どうすれば良いか?
 1つの方法として上の写真の様な部材を使用すれば、作業し易いと思います。電気工事の材料を探すならYahoo!ショッピング

 上の写真の様に材料自体を鉄骨部分にはめ込み、尚且つそれ自体で電線も挟み込んで支持出来る仕組みとなっています。(写真だと鉄骨の下側)

 上の写真は実際に配線した様子です。
 ご覧の通り鉄骨に配線を行うにあたり、比較的労力をかけずに配線の外観もスッキリと見せる事が可能です。

 階段の斜めになっている部分にも、上の写真の様に配線する事が出来ます。

 照明器具を取り付けました。
 流石に照明器具の台座だけは鉄骨部分に鉄用のキリで穴を開け、ビスにて取り付けましたが、それでも選んだ材料のお蔭で4ヶ所だけで済みました。

 これは大きな時間短縮です。

 夕刻になり2灯とも点灯しました。
 以前は暗い中を手摺りに捕まりながら上り下りしていたらしいので、これで転倒する危険性は大幅に減らせたと思います。
電気工事のご依頼は有井電気まで





 転ばぬ先の杖ならぬ、転ばぬ先の照明と言う事で!