エアコン工事における電圧の変換

テレビ・エアコン

 今回はお客様のお引っ越しに伴う、エアコン用コンセントの電圧変換について書いていきます。

電気工事のご依頼は有井電気まで

 まず初めに、上の写真が俗に言う200ボルトのコンセントですね。中央部に赤く200v用と表示があるので一目見れば分かるかと思います(普段コンセントがささっていれば目視は出来ないが…)。

 続いて100ボルト用のコンセントなのですが、上の写真はよくエアコン専用コンセントとして使用される物です。

 理由は、ある一定以上の容量をもつエアコンのコンセント形状は、上の写真の様にアルファベットのの様な形になっている事がある為です。(俗に言うIL型コンセント

 この形ですと、普通のコンセントには刺さらない事が分かると思います。

 即ち、専用のブレーカ及びコンセントでエアコンを使用して下さいと言う事を意味している、と解釈してもらっても良いかも知れません。

 

 因みに、そもそも何故100ボルトと200ボルトと言う2つの電圧が存在するのかと言うと、

 電圧を200ボルトにすると、高容量(例えば3000ワット)の電化製品を使用するのに100ボルトと同じ太さの電線同じ容量のブレーカで済むからです。

 逆を言えば100ボルトのままですと、電線を太くしてブレーカを大きい物に変えないと使用出来ない、と言う事になります(勿論、費用も掛かる事が多い)。

 そして、とある賃貸物件から引っ越すと言うお客様からの依頼で、エアコンコンセントの電圧変換を行いました。

 自力でコンセントは交換したらしいのですが(建設関係の方でしたね)、電圧の変換までは出来ないから依頼した、との事でした。

 上記で説明した200ボルトのコンセントですが電圧計には100ボルト(101.5)の表示が……。

 早速、分電盤の蓋を開けて電圧の変換作業に取り掛かりました。

 基本的に、賃貸物件から引っ越す時は、現状復旧が原則です。

 例えば、飼っていたペットによる壁紙のひっかき傷等、そして今回のコンセントの電圧問題にしろ、元通りにして引き渡す事がセオリーではないでしょうか。

 また、ご自分で設置されたエアコン等も取り外さないとなりませんし、引っ越し先でも使えれば、エアコンの移設を行う事がベターな場合もあるかと思います。

 上の写真でも確認出来る様に、200ボルトのコンセントに対して電圧計の表示も200ボルト(204.4)に変換されました。

 お客様も、これで心置きなく引っ越し出来る、と言っていたので工事した甲斐がありました。

 コンセントの電圧変換の合わせて、季節になる前のエアコンの取り換えもおすすめです。

 

 

 

 個人的には暑い夏が好きなのですが……今年はどうなんだろうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました