夏野菜の苗植え

栽培

 2020年、全世界的に流行したコロナウィルスによって私達の生活は一変した様に思います。

 現時点で約2ヶ月に渡り学校を休んで自宅待機を続ける子供達、そしてそれを連日支える母親。テレワークと言う就業形態を企業が採用し、週に何度か在宅で勤務する様になった父親もかなり多い。

 私の妻には専業主婦として家事、育児のほとんどを任せているが、ここまで長期化すると精神的にも相当しんどいと思う。また働きに出れないシングルマザー世帯等では、より深刻な状況だと思われる。

 

 一刻も早く、コロナウィルス問題が収束する事を願います。

 

 さて、上記の様な状況もありゴールデンウィークと言えども不要不急の外出、特に行楽は控える様にしております。

 しかし、一歩も外に出ないと言うのも今まで我慢してきた子供達が不憫なので、3人の子供達を連れて畑で夏野菜の苗植えを行いました。購入した野菜苗は以下の通り。

 まずはトマト、ナスですね。2つとも実生苗です。実生苗とは種から発芽させ育てた苗と言う事ですね。

 同種の植物の根元で接ぎ木させた接木苗の方が連作障害やその他病気に強いとされますが、私の様な家庭菜園レベルですとそんなに実感が無いのと、価格が3~4倍違うので、私は実生苗派です。

 続いてキュウリ、オクラですね。

 本数的にはトマト5本、ナス5本、キュウリ3本にオクラ2本でした。これらが順調に収穫までいけば、それなりに我が家の食卓にも野菜が登場する事であろう。

 頑張って育てるとするか。

 まずは野菜苗のポットを均一に配置して、植える間隔のバランスを見ます。最初は写真の様に小さな苗ですが、育つにつれ意外と場所を取るので、植える時のこのタイミングは重要です。

 次に支柱を立て苗を固定するのですが、私はここで日頃電気工事で使用しているバインド線と言う材料を使用しています。

 上の写真の様に短く切って苗固定に使ったり、または畝の両端に立てた支柱に張ってキュウリのつるの誘引等にも使えるのでおすすめです。通常300m巻きなので距離的にも期間的にも長く使えます。

 苗植え、支柱立てが終わったら、最後に水やりです。

 たっぷりと水をやり、苗と土を馴染ませます。

 お隣の畑のオジサンから、玉ねぎのお裾分けを頂きました。

 私の畑では玉ねぎはやらないので、凄く重宝です。オクラが収穫できたらお礼に渡そうと思います。そう言った付き合い等もシェア畑の良いところかな。

 

 

 

 早く元通りに近い生活に、戻って欲しいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました