分電盤の交換とブレーカー増設

スイッチコンセントなど

 今回は、とある賃貸物件の分電盤(ブレーカ)交換工事のお話です。電気工事のご依頼は有井電気まで

 上の写真を見ると、分電盤の蓋がとれているのですが、実はただそれだけで、機能的には全く問題が無いそうです。

 ですが、引っ越した当初から外れていたのを、居住者の方がテープ等で固定して過ごしていたそうです。

 また、メーカーによっては蓋のみを注文して取り替える事も可能なのですが、私も確認したところ、あまり聞いた事の無いメーカーの物でした。

 そして、たまに何かの拍子で廊下に落下してくる、との事……これは交換しかないですね。

 機能的に問題がなかろうが、製品の性能を損なっていたり、ましてや頭上に蓋が落下する等の危険性も孕んでいるケースです。賃貸物件でこの様な場合は、まずは不動産屋かオーナー(大家)に相談しましょう。

 中蓋をとった写真です。

 向かって右側に黒い塊の様な部分がありますが、これはスイッチ照明コンセントと言った各電気設備に電気を送っているブレーカー群ですね。

 この盤は全部で8個のブレーカーが実装されています。

 そして、リフォーム会社の担当者(社長)が手配して当日持ってきた分電盤の写真ですが、同じ様に右側の方に目をやると、なんとブレーカーが6個しかないじゃありませんか……要するに2個ブレーカーが足りない状況となりました。(白と緑色のラベルが貼ってある物ですね)

 基本的に我々工事の請負業者が材料を調達して工事を行うか、今回の様に工事の依頼側が一度現場を見て(調査)材料を調達、支給すると言う2パターンあるのですが、これはどうしたものか…。

 しかし幸いな事に、私の車に同じメーカーのブレーカーが予備で何個か積んでありましたので、それを分電盤に組み込んで事無きを得ました。

 分電盤が組みあがったら、既存の物と交換し今度は落ちない蓋を取り付けて作業完了です。

 これで安心して生活できるとお客様が言っていたので、こちらも一安心でした。

 

 

 

 一番安心していたのは、リフォーム会社の社長だったけど、まぁいいか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました