ウォシュレット便座用コンセントの増設工事

スイッチコンセントなど

 今回は知り合いの水道屋さんに紹介されて行った、ウォシュレット便座用のコンセント増設工事について書いていきます。

電気工事のご依頼は有井電気まで

 私が工事に入った時には既に便器は撤去されており、作業はかなりやり易い状況でした。

 しかし、上の写真のトイレ左隅の方にコンセントを設置するにあたり、電線を壁内に配線する事は不可能な構造でした。

 なので、天井裏を配線してからモールと呼ばれる部材を使いコンセントを設置する方法をとりました。

 上の写真では若干見えずらいですが、天井から出て窓の横に白いモールを取り付けてあります。そのモール内に電線が入っている訳ですね。

 上の2枚の写真はウォシュレット便座用の電源を取る為の手洗い横にあったコンセントと、天井裏の様子ですね。場所が工場の中と言う事もあり、天井点検口も良い位置に設置されていました。

 手洗い横のコンセント~ウォシュレット便座用コンセントまでの配線は何とか行う事が出来ました。

 物理的に不可能なところ以外は、この様に電線を隠ぺいして配線します。そして後は2本の電線をジョイントするだけですね。

 電線のジョイントも済み、コンセント用のボックスも取り付け、最後にコンセントの取り付けとなります。

 ウォシュレット便座用コンセントの取り付け完了です。

 今回の様にウォシュレット便座用コンセントが無いと言う建物は、意外とまだまだ多いんですよね。

 また当然ですが築年数を経た建物ほどその傾向が強まるので、今回の様にトイレ自体の改修をすると言うタイミングで、ウォシュレット便座用のコンセントも併せて設置する事をお勧めします。

 

 水回りその他の改修をお考えであれば、気軽に見積りをしてみましょう。

 トイレの困ったは、全て解決してくれます。

 

 

 

 冬に便座が温かいと、ホッとするのは何故だろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました