コワーキングスペースの電気工事

施工現場紹介

 前回のブログ記事から若干間が空いてしまいましたが、更新です。

 忙しさにかまけていただけなのですが、ブログは継続する事が大事と思い直しまして、これからまた頑張っていこうかと思います。

 そして今回は、お盆明け初日に行ったコワーキングスペースでの電気工事の模様をお伝えします。

電気工事のご依頼は有井電気まで

 上の写真は工事前のものですが、ごく普通のオフィスビルの空き部屋の様な場所でした。

 既存で普通の蛍光灯タイプの照明があるのですが、お客様の要望でライティングレールの照明を追加していきます。

 多分、個人的に感じるのは、コワーキングスペースと言う空間は在宅ワークをしたくても、家庭や住居の問題でワーキングスペースを確保しづらい方々に物凄く需要があるんだと感じます。

 そして何より、仕事と言うものをお洒落にスタイリッシュにこなせる…そんな空間なんだと思います。

 今回は黒色のライティングレールを取り付けます。

 そして、上の写真にライティングレール用の部材が映っているのですが、一番手前(右側)がフィードインと呼ばれる電源部の部品ですね。

 真ん中がレールとレールを連結する部材でジョインタです。

 ライティングレールと言う物は、通常、1メートルから4メートルの物まで1メートル刻みで製品があります。

 今回は5メートルの長さと言う指定があったので、2メートルのレールと3メートルのレールをジョインタで連結しました。

 そして、写真1番上(左側)の部材がエンドキャップと呼ばれる物で、感電防止の為の絶縁部材として使われます。

 ライティングレールの取り付けが完成した写真です。

 天井裏にレール本体を支持する下地があったので、取り付けの作業自体は比較的容易でした。

 ライティングレールの取り付けが終わったら、次は配線作業に移ります。

 上の2枚の写真は天井点検口の様子ですね。

 オフィスや店舗等の施設だと設置されている事がほとんどなのですが、この天井点検口の有無が工事の明暗を分ける、と言っても過言ではない気がします。

 1つ言える大きなポイントは、天井点検口があれば電線その他を見えない形(隠ぺい配線)で、スッキリと工事を完了出来る事だと思います。

 

 とにかく、電気工事をするにあたっては凄く重要な物ですね。

 配線途中の様子です。

 今回は天井点検口が複数あったので、配線作業もかなりスムーズでした。

 フィードイン(電源部)の接続の様子です。

 上の写真は配線をジョイント(結線)した様子ですね。

 この様な時も、天井点検口の付近でジョイント部分を作っておけば、後々のメンテナンスも容易に出来ると言う訳ですね。

 今回の工事では照明器具がお客様ご用意だったので、当日はありませんでした…なので上の写真はまた別のテナント工事の時のものですが、照明が点灯するとこんな感じです。

電気工事のご依頼は有井電気まで

 

 最近、よく耳にする様になったコワーキングスペース。

 主に個人事業主の方やノマドワーカーな方が利用している施設の様ですね。そして簡単ではありますが、その利点をまとめると

○ 低コストで仕事場を確保出来る。

○ カフェやレストラン等よりも仕事に集中しやすい。

○ ネット環境やプリンター等、仕事のインフラが揃っている。

○ 異業種の様々な人と空間をシェアするので、新たなビジネスチャンスに繋がりやすい。

と言う様な事が挙げられると思います。

 

 これからの世の中、ますます流行りそうな気がしますね。

 そして、今回取り付けたライティングレール各種はこちらです。空間をより一層お洒落にしてくれるはずです。

 

 

 

 私もたまには集中してブログ書きに行こうかな、と思う今日この頃です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました