自作焼き鳥でバーベキュー

雑学

 2020年のゴールデンウィークは、年明けあたりから徐々に拡大を見せた新型コロナウィルスの影響で国を挙げての自粛連休となりました。

 私の自宅前の風景ですが、以前からウォーキングや犬の散歩、また季節には田んぼの用水路などでメダカをすくったりと人々の憩いの場だった様に思います。

 そして国が緊急事態宣言をだした後のこの連休にかけては、訪れる人の数が何十倍にも増えた様に感じます。

 それはつまり、みんなが連休中の行楽にも行かず、各自で出来る範囲で自粛し、事態の収束を待っていると言う事の現れだと思います。

 我が家も連休中はほぼ自宅で過ごしたので、ここはやはり定番の家族バーベキューだろうと言う事と、前に使用していたコンロに穴が開いたのもあり新品を購入しました。

 しかし皆考える事は一緒なのか、いつもバーベキュー用の焼き鳥を購入しているスーパーは完全に売り切れていたので、今回は上の写真の様に鳥のもも肉竹串を買って来て焼き鳥を自作しました。何気にこの行いは初めてです。

 早速、もも肉に包丁を入れカットしていきます。

 しかし、上の写真では鳥の皮も一緒にカットしてしまいましたが、皮と一緒はかなり切りにくく、鳥肉を焼き鳥用にカットするのなら皮は別にするのがベターなのかな、と言う事を学べた瞬間でしたわ。奥さん子供も皮は敬遠する傾向にありますからね。

 程良い大きさにカットしたら、次は竹串に刺していきます。

 ここでも鳥肉と言うのは意外と弾力があり串が通り辛い(皮の部分は尚更)と感じたので、力の入れ加減が重要です。

 誤って自分の手に串を刺してしまったら、後のバーベキューを全力で楽しめなくなりますのでご注意。

 最初の1本の出来上がりです。

 今回はスーパーが完売状態だったのでやむを得ず自作しましたが、何気にこの行いもバーベキューをやってる感が増すので、たまにはアリかなと思いました。

 焼きの様子です。心なしか、妻と子供達もいつも以上に喜んでくれていたので、バーベキューって良いな、と感じた次第です。

 

 

 

 これから更に、自宅バーベキューは盛り上がってくる予感がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました